様々な法律相談が可能

顧問弁護士の仕事内容の一つ目は、法律相談をすることという点です。新規事業に手を出す際や、新しい契約を結ぶ際、他にも、様々な転機に、法律的観点からアドバイスをもらうことが出来る存在であるのが、顧問弁護士であると言えるでしょう。

法律的観点からアドバイスをもらえることで、全く違った視点からその契約内容を見返すことが出来るため、万が一その契約が違法である場合や、危険な可能性がある場合も、顧問弁護士が居れば、瞬時に見抜くことが出来ると言えるでしょう。

そのため、新しい何かをする際や、重要な会議の際には、ほぼ確実に顧問弁護士が傍にいることがほとんどです。企業の方針によっても異なりますが、顧問弁護士をこうしたアドバイス目的で雇っているという企業も多く、顧問弁護士の多くは、精力的にそうした会議などに参加する傾向があると言えるでしょう。

また、企業によっては会議などには参加せず、後日改めて、顧問弁護士に相談するというスタンスをとっている企業や、書類で会議内容をチェックし、問題点がある場合は、顧問弁護士からアドバイスが行くというようなスタンスをとっている企業もありますので、非常に自由なスタイルであると言えるでしょう。

投稿者について

運営者